差し歯とインプラントの違いとは?それぞれの治療方法を解説



差し歯とは、どんな治療法なのか

差し歯とインプラントは一見似ているイメージがありますが、治療方法は全く異なるものです。

差し歯の治療方法は、歯の一部が虫歯などで失われてしまった場合、残った歯の根の部分へ、プラスチックや金属でできた土台を入れます。その上に人工の歯を被せることで、歯としての機能を回復させる治療法です。自分自身の歯の根っこの部分を残せることが、差し歯の大きなメリットだと言えるでしょう。また歯の土台として使われる金属製のパーツは、保険適用の範囲で利用できます。

なお差し歯の治療方法が適用になるのは、土台として活用できる歯の根っこの部分が残っている場合のみです。全く歯が無い状態では、差し歯治療は行えません。

インプラントとは、どんな治療法なのか

インプラントとは、全く歯が無い部分にインプラントを埋め込み、人口の歯をはめ込む治療方法です。インプラントはネジのような形状をしており、チタンで作られています。顎の骨の部分までしっかり埋め込まれるので、歯には安定感があります。またインプラント治療は、材料費からはめ込む工程まで、全て自費診療です。健康保険が適用にならないため、金銭的な負担は大きいと言えます。

そんなインプラントのメリットは、見た目が綺麗で天然の歯のように見えること、そして他の歯に負担をかけることなく、安全に治療できることです。治療後も違和感なく食品を噛めますし、実際にインプラント治療を受ける方も増えています。

インプラント以外で無くなった歯を治療する方法としては、入れ歯治療やブリッジ治療などがあります。

杉並区は住宅街が中心のため、地元に密着した歯医者が多いです。杉並区で行うインプラントの特徴は、手軽に相談ができたり、細かい要望に答えてくれたりと親身になってくれることが多い点です。