諦める必要はない!ニキビ跡は病院で治療可能



自分で治すことが無理でも病院でなら治療できる

ニキビを潰してしまった場合は、跡に残ってしまうことがあります。自分一人でこれを治そうと思っても、なかなか上手くはいきません。市販されている薬を使えばある程度は治すこともできますが、完全にきれいにするのはかなり難しい作業となります。しかし、病院へ行けば様々な手法を用いて、ニキビ跡を気にならないレベルにまで薄めてくれます。

軽い症状ならケミカルピーリングでも消せる

軽いニキビ跡なら、そう大げさなことをする必要もありません。飲み薬や塗り薬で治療を進めていくこともできますし、ケミカルピーリングを併用して治療することもできます。ケミカルピーリングは、フルーツ酸などを使って肌に刺激を与えて新陳代謝を促していく手法のことです。古い肌が新しい肌に生まれ変わるのを手助けしてあげるわけですね。軽い症状なら、この方法を使うだけでかなりきれいに治療できます。何も諦めてしまう必要はありません。

頑固なニキビ跡にはレーザーが最適

薬や新陳代謝の働きのみで消すことのできない頑固なニキビ跡には、レーザーを使うのがいいでしょう。レーザーを使えば、ニキビ跡はもちろん、肌の凹凸まで解消させられる可能性があります。諦めていた大きなニキビ跡でも目立たなくさせることができるため、コンプレックスが一つ解消されます。肌状態が悪くなるということも少ない点がメリットとして挙げられますね。肌に傷を付けない点も魅力的なポイントです。

レーザー治療は原則自由診療になる

飲み薬や塗り薬の中には、保険が適用されるものもあります。しかしレーザー治療は、原則として自由診療になります。これは絶対に必要不可欠な治療法ではないからですね。審美性を高めるために行う治療だということで、保険の適用は現在のところなしになっています。

ニキビ跡の治療は美容クリニックで受けることができ、色素沈着やクレーターなどの自分では治しずらいニキビ跡にも効果があります。