巷で話題の血液クレンジングとは?期待できるメリットについて



血液クレンジングとは?

血液クレンジングは別名「オゾン療法」とも言われており、血液を一定の要件で入れ替えることによって、冷え症や頭痛、肩こりなどの症状を改善していく治療法です。具体的な手順は、まず左右いずれかの腕から100~150ml程度採血します。そしてその血液に、血液の代謝改善や免疫系を活性化させる効果があるオゾンを投入。すると血液は、鮮やかな赤色に変化します。その活性化された血液を、再び体内に戻すという流れになります。
この血液クレンジングを行うことで、脳や目などの細部まで酸素が行き渡りやすくなり、様々な健康効果が期待できるようになります。

血液クレンジングのメリットについて

血液クレンジング療法を受けることで享受できるメリットは、多岐に渡ります。まず全身の疲れが取れやすくなり、疲労した筋肉の修復も促進されます。さらに細胞が活性化され、各臓器の代謝も良くなったり、病気になりにくい体質へと改善する効果も期待できます。また手足の血液循環も良くなることから、冷え症にも効果的です。
血液クレンジングで効果を期待できる疾患には、更年期障害や肝炎、慢性関節リウマチ、動脈硬化、狭心症、アトピー性皮膚炎などが挙げられます。様々な疾患に効果が期待できるのも、血液クレンジングの大きな特徴だと言えるでしょう。
実際に血液クレンジング療法を受けた方からは、肩こりや慢性疲労が改善したり、線維筋痛症の痛みが軽減したという感想も出ているようです。その他、腰痛の改善や、足がむくみにくくなったという声も出ています。

血液クレンジングとは血液を浄化してから再び体内へ戻すという治療方法で、疲労を感じにくくなったり若返り効果を期待することができます。